Subscribe to Email Updates

イラストレーター•マンガ家の新堂みやび先生へのインタビュー

Chihiro Howe | May 15, 2017

ハウ千尋による、イラストレーター•マンガ家の新堂みやび先生へのインタビューを楽しんでください!

01-Miyabi-Shindo-mangaka-interview.jpg

幸運なことに、日本のマンガ家の新堂みやび先生をインタビューする機会がありました。先生は月刊COMICリュウで「アメとハレの風の旅」を連載しており、他にも「コピックで描こう!カラーイラスト上達メイキング」(翔泳社)などでも活躍しています。カラーイラストはコピックを使っているそうです。

日本でマンガ家をやるというのはどんな感じですか?

漫画の数が多く、また面白い漫画が本当に沢山あるので、自分の漫画を本にしてもらえる機会を凄く大事にしよう…。と思います。

マンガ家になる前は何をやっていましたか?

アルバイトとイラストカットを描く仕事をしながら、新人賞投稿用に漫画を描いていました。

02-Miyabi-Shindo-mangaka-interview.jpg

マンガ家になりたいと思ったのはいつですか?いつもなりたいと思っていましたか?

10歳の頃の夢は漫画家だったのですが、お話を描くのって難しい…と苦手意識があって。
絵を描くのが好きだったので、12歳の頃くらいからはイラストレーターを目指していました。
読切を描いてみたいと思ったのは、21歳頃です。

マンガ家になって大変だったこと、成功したことを教えてください。

連載になると、締め切りまでに1話を完成させるのがとにかく大変でした。

成功したことは、描くのが少し早くなった事、締め切り間近でも『やれば終わる』と思って慌てなくなった事です。

03-Miyabi-Shindo-mangaka-interview.jpg

マンガ家になってよかったと思いますか?一番難しかったことは何ですか?

自分の本が出来上がる事はとても嬉しいので、なれてよかったと思います!

一番難しいのは描き続ける事、それを本にしてもらい続ける事、だと思うので、頑張りたいです。

04-Miyabi-Shindo-mangaka-interview.jpg

ストーリーを考えるとき、どこから考えていきますか?キャラクターはどんなふうに考えていますか?

私は元々、自分の一枚の絵を『動かしてみたい』と言う思いから漫画を描き始めたので、イラストを描いて『ここはどんなところだろう』『絵の中の人はどんな人だろう』と考える事から始めます。

05-Miyabi-Shindo-mangaka-interview.jpg

マンガやイラストを描くときのこだわりは何ですか?

作者の名前を見なくても、誰が描いたか分かるような作品を作りたいです。

06-Miyabi-Shindo-mangaka-interview.jpg

マンガを描いているとき、一番楽しいことは何ですか?

ネームにOKが出た時と、原稿が仕上がった時です。

マンガを描く過程で、コピックはどんな役割をしていますか?

カラーページを描くのに使っています。

07-Miyabi-Shindo-mangaka-interview.jpg

新堂先生のマンガ、「アメとハレの風の旅」のキャラクター達。
 

仕事中他に、これだけは必要という道具はありますか?なぜそれですか?

甘いお菓子とコーヒーです。頭が疲れるからです。

これからマンガ家を目指したいという人たちへ、何かアドバイスはありますか?

短いお話でいいので、とにかく沢山漫画を完成させて、沢山編集部の人に見てもらうことが一番だと思います。

Follow Miyabi Shindo:


 Are you a 14-18 year-old who loves to draw manga? Win up to $1,000 in manga supplies! 

Learn more

Topics: Artist Interviews

Chihiro Howe
Chihiro Howe on May 15, 2017

Chihiro is an illustrator and manga artist who combines Anime and Disney-like styles into unique, beautiful, and irresistible characters. As a resident artist for Imagination International, Inc., she creates iii Academy instructional content to help aspiring mangakas translate their visions into engaging story-telling art.